« 『ふたりの季節』『午後の音楽』『美しい時間』 | トップページ | 『おひとりさまマガジン』 »

『さまよう刃』 東野圭吾

少年犯罪被害者の悲痛な叫び。心が痛かった。

花火大会の帰路、少年グループに襲われ、亡くなってしまう少女。そして、その父親は・・・。

思い出すのは、女子高校生コンクリート詰め殺人事件だ。

何度、ページを閉じて読むのをやめようと思ったことか・・・。

ここは書籍紹介(読書)のBlogです。

スタッフが交代で綴るBlogは移転いたしました。→http://ameblo.jp/akasuk-keiko/

|

« 『ふたりの季節』『午後の音楽』『美しい時間』 | トップページ | 『おひとりさまマガジン』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ふたりの季節』『午後の音楽』『美しい時間』 | トップページ | 『おひとりさまマガジン』 »