« 文藝春秋SPECIAL (スペシャル) 2009年 01月号 [雑誌] | トップページ | 『おくりびと』&『つみきのいえ』第81回アカデミー賞受賞作品! »

『断る力』=著者:勝間和代

断る力 (文春新書) Book 断る力 (文春新書)

著者:勝間 和代
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容紹介
Amazonの内容紹介にも記されていた

私が今、タイムマシンに乗って20代後半の自分にたった一つアドバイスをするとしたら、
「『断る力』を一刻も早く、身につけること」と言うでしょう。
実際、私が「断る力」、英語にすると「Say No」、
すなわち相手の言いなりにならずに拒否をする力を身につけることができたと確信したのは、
34歳で初めての離婚をしたときからだと思います。
そして、その時から、私の世界はドラマティックに変わりはじめました


これまで、私はさまざまな著書のなかで、
どうすれば私たちの仕事の生産性がアップするかをいろいろな観点から紹介してきました。
その中で、最も大事なことをこれまで、強調し切れていませんでした。
もう、おわかりだと思いますが、生産性を上げる最も重要で、かつ効果的な秘訣とは――、
「断る力」をつける
ということ、これに尽きるのです


この本では、「断ること」をしないことが、いかに私たちの生産性向上を阻害し、
成長を阻害し、ストレスをためるかということを説明していきます。
そして、どうやったら「断る力」を身につけることができるのか、
その訓練方法を含めて具体的に説明をしていきます


この本を2時間後に読み終わったとき、
そして、「断ること」を能動的にはじめたその時から、
あなたの生産性は何倍にも、何十倍にも向上するのです。
ただし、「断る力」はたいへん強力な武器であるため、
扱いもとても慎重に行わなければなりません。
むやみやたらに断るのではなく、どういうところでは断り、
どういう場面では逆に歯を食いしばって引き受けてベストを尽くすべきなのか、
その判断能力をこの本をきっかけに、みなさんの生活の中で培っていってほしいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~~

目からウロコの一冊。
まわりの人と衝突することや、批判、悪者になることが怖くて、
つい、いいカッコをしたり、いい人を演じてしまうことがある。
この書籍は、そのような、誰もが日常で経験する
"ストレス”や、"もやもや"を回避する力、
キッパリ"No”と言うこと、"断る"ことをテーマに書かれている。
仕事上の人間関係で悩んでいる人は、ぜひ!

スタッフが交代で綴るBlogは
Amebaブログに移転しています。
http://ameblo.jp/akasuk-keiko/

|

« 文藝春秋SPECIAL (スペシャル) 2009年 01月号 [雑誌] | トップページ | 『おくりびと』&『つみきのいえ』第81回アカデミー賞受賞作品! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事